こんな症状ありませんか?

  • HOME
  • ペットホテル
  • 設備紹介
  • 院長挨拶
  • アクセス

ペットの異変に気づいたら

あなたのペットにこのような症状はあらわれていませんか?

動物は声を出して具合が悪いと訴えることはできません。ペットのサインに気づいてあげることも飼い主の大切な役割です。以下のような症状がある場合はかも動物病院へお越しください。

急を要する症状のチェックリスト

下記は急を要する症状です。急患での対応が可能ですので、お早めにご相談ください。

呼吸の仕方がいつもと違う 呼吸が苦しそう。

舌が紫色になっている。ときどき息が止まる。

出血している ケガなどにより出血している。

頭部・胸部・腹部の場合は特に要注意。無闇に動かさずまず電話を。
※出血量にもよりますが、感染症などを併発する恐れもあります。患部を圧迫してすぐにご来院ください。

尿や糞が出ない

排尿・排便姿勢をとるが、尿や便が出ない。

糞や尿・吐物に血が混じっている

糞や尿・吐物などに多量の血が混じる。また、血を吐く。

触ると嫌がる・ひどく抵抗する

激しい痛みがある場合などは、触られるのをひどく嫌がる。場合によっては吠えたり噛みついたりして収拾がつかない。

歩き方がおかしい

よたよたと歩く。よろけて転倒してしまう。

意識がない

痙攣を起こしている。気を失ってしまった。

異物を飲んでしまった

電池や煙草、ネギ類などの異物を飲み込んだ。

交通事故に遭った

外見上異常がなくても、内臓などに問題が起きている場合がある。

部位別検査をおすすめしたい症状

交通事故など不慮の事故を除けば、突然体調が悪くなることはめったにありません。ちょっとした異変でも心配な場合はご予約のうえ、検査を受けにお越しください。

鼻

鼻汁がいつもより多い。くしゃみの回数が多い。

目

涙や目やにが多く出る。充血している。

耳

耳垢がたまりやすい。かゆがっている。悪臭が気になる。

被毛

かゆがる。毛艶が悪い。毛が抜ける。乾燥肌でフケが多い(皮膚病、寄生虫、アレルギーなどの疑い)。

口

歯の噛み合わせがよくない。口臭が気になる。

呼吸器

しばらく咳が続いていて、いっこうに治る気配がない。

爪

爪切りが上手くできず伸びすぎている。

お腹

パンパンにふくれる(寄生虫の疑い)。

でべそ

(臍ヘルニアの疑い)。

胃腸

嘔吐を繰り返している。

四肢

歩き方が少しおかしい。びっこをひいている。

肛門

おしりのまわりが汚れている。おしりを床にこすりつける(肛門周囲腺のはれ)。

便

軟便、下痢が続く。便に血や粘液が混じる。

泌尿器

頻繁にトイレに行く。頻繁に少量のおしっこをする。

医院情報

34.417795,132.7262359

34.417795,132.7262359

詳しい医院情報はこちら

このページの先頭へ