ガンの治療方法(光線温熱療法、オゾン療法、再生療法)

  • HOME
  • ペットホテル
  • 設備紹介
  • 院長挨拶
  • アクセス

かも動物病院はガン治療に力を入れています

ガンといえば、日本人における「三大疾病」のひとつで、死亡原因の第一位とされている恐ろしい病気です。しかし、ガンが脅威になっているのは人間だけではありません。犬や猫も同様に、ガンが死亡原因の第一位となっているのです。特に犬はその傾向が強く、ガンは死亡原因の実に25%を占めています。また、日本獣医ガン研究会の調査では、10歳を超える犬の約50%がガンにかかっているとの報告もあり、高齢になるほどリスクが高まることを示唆しています。これは、逆にいえば、医療の発達ともに犬が高齢まで生きられるようになったということでもあります。

かも動物病院では、大切な家族であるペットの健康を少しでも長くお見守りしたいと考えています。ガン治療にも力を入れており、動物の命を救えるよう最善の治療を尽くします。もし、ガンを宣告されても決してあきらめないでください。私たちがしっかり病気と向き合いますので、まずはご相談ください。

光線温熱療法料金表はコチラ

光線温熱療法とは、ガン細胞に反応する薬液を使用し活性酸素によりガン細胞を壊死させる「光線力学療法」と、ガン細胞の生存温度の上限(42℃程度)と正常細胞の上限(45℃程度)の差を利用してガン細胞のみを壊死させる「温熱療法」を組み合わせた治療法です。抗ガン剤を使用した場合でも局所的にごく少量を使用するため副作用・合併症のリスクはほとんどありません。

スーパーライザー・半導体レーザー

小動物の悪性腫瘍を直接治癒することを目的に作られた光線温熱療法治療器です。高出力赤外線をガン細胞に当ててガン細胞の温度を上昇させ、ガン細胞だけを死滅させる方法です。ガン細胞は正常な細胞より低い温度で死滅するので正常な細胞には影響ありません。心地よい温熱感で痛みが少なく麻酔を使わずに済むケースが多いため、負担が少ないのが特徴です。慢性疼痛の管理、外耳炎、神経系疾患の治療などに用いられます。

ペット用医療機器「AMTC200」

動物の患部を焼灼(※)して治療するペット用の医療機器です。犬や猫の疾患を治療するために開発され、すでに約200を超える症例実績があり安全性の高さが証明されています。臨床現場では線維性組織球腫、肥満細胞腫、血管周皮腫、肛門周囲腫瘍など多くの症例に適用されています。

※焼杓(しょうしゃく)・・・病気の組織を電気や薬品で焼くこと

オゾン療法料金表はコチラ

オゾン発生装置で生成した高濃度のオゾンのはたらきにより酸素の供給量を増やすことで細胞の代謝や抗酸化作用を向上させ、免疫系統の調節や自然治癒力の正常化を促す治療法です。免疫力低下が見られる高齢の動物に対して特に有効です。また、殺菌作用により皮膚の治療などにも使用します。

再生療法(免疫療法)料金表はコチラ

血液から一旦細胞を取りだし、培養した細胞を体に戻して失った組織を再生する治療法です。犬猫の免疫療法は、大きく特異的免疫療法と非特異的免疫療法に分けられ、犬猫の悪性腫瘍の種類や発生部位、体の状況などにより使い分ける必要があります。

非特異的免疫療法「活性化リンパ球療法(CAT療法)」

犬や猫の血液からリンパ球を分離し体外で大量に増やし活性化してから、ふたたび体に戻し悪性腫瘍を治療する療法です。活性化されたリンパ球は悪性腫瘍を直接攻撃。再発予防や転移予防に効果があります。

また、活性化されたリンパ球は抗ガン剤などで低下した免疫力を強化します。末期ガンによる犬猫の体の不調を軽減する作用があり、体調を回復させる手助けをする効果もあります。採血した血液を培養するだけで行えるため、体への負担を最小限に抑えられるのが特徴です。

特異的免疫療法「樹状細胞療法(DC療法)」

血液から取り出した樹状細胞にガン細胞だけが持つ特定の抗原の情報を教え込み、体内に戻す療法です。特定の悪性腫瘍を正確に認識する樹状細胞がガン情報をリンパ球(T細胞)に提示する優秀な司令官(樹状細胞)の数を増やすことで悪性腫瘍への攻撃力を強め、悪性腫瘍の縮小や進行を食い止める効果が期待できます。

DC療法+CAT療法

特定の悪性腫瘍を攻撃するための司令官である樹状細胞と、悪性腫瘍を攻撃する活性化リンパ球をそれぞれ体外で増殖・活性化させて体内に戻して治療を行います。DC療法とCAT療法の利点をあわせ持ち、悪性腫瘍への攻撃力をより高めることができる療法です。

この他にも様々なガン治療を扱っています

医院情報

34.417795,132.7262359

34.417795,132.7262359

詳しい医院情報はこちら

このページの先頭へ